2006年12月アーカイブ

3月のディズニーランドのショースケジュールが出たんですが、
リハブの中に、

・スプラッシュマウンテン
・ファンタズミック
・ディズニーランド鉄道
などなど。。。


しかも、ショーも昼のパレードくらいしかないw


え・・・ファンタズミックすら見れないとは・・・。


行くべきか、辞めるべきか。。。

旅行記サイト内のラウンジガイドに、

・成田空港にANAラウンジ第五サテライトを追加
・シカゴオヘア空港、UAレッドカーペットクラブを追加
・オーランド空港、UAレッドカーペットクラブを追加
・サンフランシスコ空港、UAレッドカーペットクラブとSGシルバークリスラウンジを追加

あ?香港行きたい??!!

| コメント(4)

え?っと、壊れております(笑)

とにかく、香港に行きたいです。


疲れたときにふらっと行くと気晴らしにもいいのかな??

ぼけーっと一人で香港ディズニーランドを歩いてみるとか、
定宿の香港ディズニーランドホテルでゆっくりくつろぐとか。

香港ディズニーランドに行けば現地の友達とか、友達のキャストさんが相手してくれるだそうし…。


一度、ふらっと香港ディズニーランドホテルに10日間くらい泊まってゆっくりしたいです(笑)

あそこならプールとかもあるし、インターネットもタダで繋がるから不自由しないし…。


10日間で安くても20万円ほどかぁ…。絶対ムリです(笑)

旅行記サイトの11月オーランド旅行記を3ページ目(WDW2日目)まで完成しました。

メールマガジン、香港ディズニーランド.MLの発行を開始しました!

創刊号は12月28日発行です。

その後は当面の間、隔週(原則、毎月第2・第4月曜日)発行です。

内容は、読んでからのお楽しみ!


登録・解除は香港ディズニーランド.Infoトップページからどうぞ!

名古屋や大阪圏の人、あるいは東海道線沿線の方には有名であろうムーンライトながらの話。

知らない人のために書いておくと、ムーンライトながらとは岐阜近くの大垣駅?東京駅を結ぶ夜行快速列車です。
一部区間を除いて自由席があるので、繁忙期には夜行ながら通路にも座れない立ち客が出るし、熱海?横浜辺りからは東海道線の始発列車としても使われてます。

この列車が2007年3月のダイヤ改正でほぼ全区間全車指定になるらしいです。
http://jr-central.co.jp/news.nsf/news/20061222-12245/$FILE/daia%20kaisei.pdf


この列車、指定券は1ヶ月前の発売と同時に埋まることも多いし、突発で大阪⇔東京間を移動するときにも立つことを覚悟すれば乗れた列車だったので、突発で乗れなくなるのは少し残念です。

ただ、青春18切符+指定料金を下回る運賃で乗れる夜行バスが続々と出てきたので、ムーンライトながらをあえて選ぶ必要性もなくなってきているのかもしれません。

あと、列車つながりでもう一つ。

相当昔から叫ばれてる女性専用車問題

元は痴漢対策の名目で設定された女性専用車ですが、最近では単に他の車両よりも空いてるからということで女性に評判だそうで。

そう考えられても仕方ないのかもしれないですが、1両まるごと減ったようなことになるので他の車両の混雑は悪化。
また、隣の女性専用車はガラガラで座れるのにこっちは座れないという事態もあるそうで。

同料金なのに性別が違うだけで座れる/座れないが決まるのはどうなのか?という議論もあります。

しかも、平日は始発から最終まで女性専用車を繋げてしまった大阪市営地下鉄御堂筋線。
なんと、女性専用車専用に車両広告なんてのも募集してます。
これに応募する会社もいかがなものなのかと思いますが…。
痴漢防止のための女性専用車も企業の単なる広報手段になってしまってるみたいです。企業倫理はいずこへ…?
(大半の広告は、テンプスタッフ、AIDEM、キューピーだそうです)

また、日本で大流行の女性専用車を導入しようとしたお隣の国、台湾では女性からも反対を受けて中止されたそうです。

ちなみに、女性専用車は任意であり、強制ではないという回答(東急)もあるそうで、
男性が乗れないという法的根拠もないらしいです。


もともと女性差別がひどかった日本ですが、最近は男女平等を超えて少し変な方向へ行ってるのではないでしょうか?

HKIA Frequent Visitor Card

| コメント(0)

このサイトに頻繁に来られてる方なら、香港に年に何度も入国してる方もいるのではないのでしょうか?

そんな方にオススメしたいのが、これ。

HKIA Frequent Visitor Card

http://www.hongkongairport.com/eng/aguide/fvc.html

香港空港での入国審査を優先レーンで出来るというカードです。

申請基準は、過去12ヶ月以内に香港空港から香港に3回以上入国している人。

値段は無料で、有効期限は2年間。2年以内に6回以上香港に入国すれば自動で更新されます。

みなさんもいかがですか?

※正確な情報ではないのでご注意下さい


来年の旧正月についてなんですが、香港DLのキャストさんとメールをしていると、

>チャイニーズミニーに会いたいなら2月18日しか会えない。

と。

去年は2週間程度やってたはずだからそんなはずないと思うんですけど…。


しかもメールの最後には、

>チャイニーズミニーに会いたかったら2月に来てね?

って・・・。

18日オンリーはなんなんだ・・・(笑)


まだ発表されぬ旧正月イベント。どうなるんでしょうか?

JAL成田空港のラウンジを一新

| コメント(0)

http://www.jal.co.jp/narita-t2/info/lounge/

2007年7月、成田空港のラウンジをリニューアルするにあたり本館側のラウンジが一時閉鎖されるらしいです。

閉鎖されるのが、
・本館サクララウンジ
・本館JGCラウンジ
・本館ファーストクラスラウンジ

ということで、当分の間、本館側はサクララウンジAnnexとJALラウンジ(旧ANAラウンジの使いまわし)、アメリカン航空のラウンジを使うことになるそうです。


でもって注目は、
>※JGCラウンジは、今後、サクララウンジに統合されます。
まあ、JGCラウンジとサクララウンジの違いがイマイチ微妙だったので仕方ないかもしれないですね。
ワンワールドに入ればJGCラウンジにワンワールド上級会員を入れないってわけにもいかないだろうし。


7月からの新しいラウンジ、温かい食事が食べれるなど期待度が高まります。

8月くらいにJALで香港行き航空券手配しようかな??

チケット情報に2007年1月?3月の年間パスポート特典を追加しました。

2007年1月?3月の年間パスポート特典が発表されました。

詳しくはこちらへ。
http://www.hk-disney.info/hkdl_ticket.htm

香港ディズニーランドのニュースではありませんが、国際線の重要情報ということでここに書いておきます。


2007年3月1日から日本を出発するすべての国際線でも液体物の持込が制限されます。


詳しい情報は日本航空のサイトにあるこのページが分かりやすくなっています。

アンケートで嬉しいこと

| コメント(0)

今日の午後からアンケート第二弾をお願いし始めたんですが、早くももう回答を頂いています。

そして、嬉しいコメントがたくさん。


「応援してます。」とか、「頑張ってください。」とか。

「日本語公式が出来てもこのサイトを頼りにしてます。」とか。

「掲示板で細かい相談にのってもらえるから嬉しい」とか、「管理人さんのおかげで掲示板の雰囲気がいい」とか。


なんか読んでて嬉しくなります。

これからも頑張ってサイト運営しないと?って思いますね。


ただ、動画を見たいためなのか無茶苦茶適当に回答されてる方も数人いらっしゃいましたが・・・。
↑こういう行為を繰り返されるとアクセスを制限する場合があります。

こちらからアンケートにご協力いただけます


今回のアンケートの特典は、香港ディズニーランドのクリスマスツリー点灯式"Mickey's Sing-a-long Tree Lighting"の映像をご覧いただけます。


前回のアンケートの結果はこちらからご覧いただけます。

数日前に発表されたニュースなんですが、
全日空が国際線向けにエコノミークラスのない機材を導入予定だそうです。


もちろん、エコノミークラスの名前を違う名前にしてエコノミークラスと同等のクラスを作るわけでもないです。


この機材はビジネスクラスとプレミアムエコノミーの2クラスで50人乗り程度に。


格差拡大の進む日本、ついにエコノミークラスのない機材が空を飛ぶ時代になりました・・・。


また、ヨーロッパではルフトハンザドイツ航空が全席ビジネスクラスの飛行機を飛ばし始めたところ、好評だそうです。

バブル期にはJALがファーストクラスとビジネスクラスしかない機材で成田-ニューヨーク便を飛ばしていました。

そのうちまた海外旅行が高嶺の花になる時代が再来するのかもしれません。

新アトラクション「Its a small world」の建設が発表されました。
場所はストーリーブックシアター近くで、完成予定は2008年です。

06年12月16日更新
完成予定が2008年上半期と発表されました。
世界中のIt's a samll worldの中で始めて、ピノキオ以外のディズニーキャラクターの人形も登場します。

香港ディズニーランド公式サイトによると、2007年夏に新アトラクションが1つオープン、またスペシャルパレードも開催されます。

・新アトラクション「アニメーションアカデミー」
メインストリートUSAのディズニーランドストーリーの横にオープンします。
ここでは、ドローイングクラスのように、ディズニーキャラクターの絵の書き方を学べます。

・スペシャルパレード「ミッキーのウォーターワークス」
夏の間の限定パレードです。
東京で定番の水撒きイベントのようなパレードになる予定です。

http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=27064

香港ディズニーランドが日本人を本格的に呼び込もうとしてます。

そして気になるのが来年2月に日本語サイトを開設というところ。


このサイトにとっては脅威になるのか・・・?
果たして、どんなサイトを公開してくるのでしょうか?

基本中の基本だけが少し載ってるだけのサイトならこのサイトも継続の価値がありますが、公式サイトしだいによってはこのサイトの継続価値がなくなりそうです・・・。

あと、日本人を取り込まれて脅威に感じるであろうのはオリエンタルランド?
香港ディズニーランドが出来ても東京DLには影響しないと豪語していたものの、本当に影響はなかったのでしょうか?

日本国内からでも、場所によっては香港DLに行くのも東京DLに行くのも金額的に変わらない。
東京と違って香港は本当のディズニーランドを体感できる。

これ、オリエンタルランドには相当な脅威だったんじゃないでしょうか?

UAとCO、USとDLが合併??

| コメント(2)

表題の通り、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空、USエアウェイズとデルタ航空が合併するかもという話です。


で、問題になるのがアライアンス。

ユナイテッド航空とUSエアウェイズはスターアライアンス。
コンチネンタル航空とデルタ航空はスカイチーム。

どのように別れるのでしょうか?


予想は、ユナイテッド航空はスターアライアンスの創立メンバーということで、
ユナイテッドとコンチネンタルはスターアライアンス。
USエアウェイズとデルタはスカイチーム。


この合併で、ユナイテッドが運休したグアム線もコンチネンタル航空の豊富なグアム線で復活しそうですね。

あとは、コンチネンタル機材にエコノミープラスが設置されるか。


巨大合併二連続、果たしてどうなるのでしょうか?

前作DisneylandFun.netのβテストを通じて、いよいよディズニーファンのための交流型サイト本格始動です。

原則的に会員の招待状がないと登録できないのですが、1月9日までは期間限定で新規登録が可能です。


ぜひ、この機会にDismic!に登録して参加してください!


Dismic!
http://www.dismic.com

旅行記サイトの06年11月オーランド・WDW旅行の旅行記2ページ目を公開しました。

リンク集に東京ディズニーランドで家族旅行を追加しました。

Disney Photo Pass

| コメント(5)

パークで画期的だな?と思ったのがコレ。

061207_123845.jpg


Disney's Photo Passです。

このカード、裏側にバーコードとIDが書いてあって、
パーク内でカメラマンにこのカードを渡すとバーコードを読み取って
後からネットでIDを入れれば写真を見れるというスグレモノ。


サイトによるとワールドの4つのパークとDLRの2つのパークで対応済みみたいです。

早く香港にも導入されるといいですね?

オーランド空港から

| コメント(3)


朝4時にたたき起こされて空港まで来ました。


ラウンジでどこかの無線LANを拾ってネット出来たのでひさびさの更新です!
(ってセキュリティ的に問題ある行動w)


ワールド、結構良かったです。

ただ、交通網が問題ありですね。


また帰って落ち着いたら旅行記も書くので待っててくださいね?!

ウェブページ

Disney Parks - 海外ディズニーパークのことなら、Disney Parks.info

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このアーカイブについて

このページには、2006年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年11月です。

次のアーカイブは2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。